×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。


褒章の歴史


褒章のはじまりは、明治十四年十二月七日です。
太政官布告第六十三号(褒章条例)で制定され、翌年より開始されました。

当初は3種紅綬、緑綬、藍綬のみでしたが、始まりより4年後の明治20年に黄綬が、大正7年に紺綬昭和30年に紫綬が追加され現在の6種になっています。

毎年昭和の日(4/29)と文化の日(11/3)に受賞者が発表され、春の褒章・秋の褒章と呼ばれています。



TOP

褒章の対象とは


褒章とは、社会・福祉・文化等に対し一過性の功績があった者に顕彰されます。
例えば危険な人命救助を遂行した者や、ボランティア等で顕著な実績のある者に授与されます。
この点、勲章は長年にわたる功績を認められ授与されますが、それと対象的な章と言えます。

TOP

Menu

褒章の歴史

紅綬褒章

緑綬褒章

黄綬褒章

紫綬褒章

藍綬褒章

紺綬褒章

TOP


Link

高画質!キセカエ
クオリティで選ぶならココ!

ジャンル別出会い系
目的別出会い系ランキング

人気のダイエット食品一覧
今お得なダイエット食品

デコレーションメール・テンプレート
手軽に豪華なテンプレート

無料で着うたをダウンロード
お得な着うた情報


褒章とは?
日本司法支援センター